大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震から1週間を迎えた25日、住宅被害は4府県で8千棟を超えた。大阪府は一部損壊も無利子融資の対象となる住宅支援策の新設や、空室を借り上げる「みなし仮設住宅」を被災者に無償提供する方針を明らかにした。ブロック塀の下敷きになり女児(9)が死亡した同府高槻市の小学校では、教職員らが発生時刻の午前7時58分に黙禱(もくとう)した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます