言語化することで失われてしまう言語以前の世界に、言葉で触れるにはどうしたらいいか。こんな難問への答えを、俳人の長谷川櫂(かい)さん(64)が評論『俳句の誕生』(筑摩書房)で鮮やかにまとめた。鍵になるのは「切れ字」が生み出す「間(ま)」だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます