愛知県東浦町の市民ランナー風見尚(なお)さん(35)が、24日に北海道で開かれたマラソン大会で、男子100キロの世界新記録となる6時間9分14秒で優勝した。20年ぶりの記録更新で、従来の記録より4分19秒速い。実業団の陸上部を退いてから個人練習を続けて成し遂げた快挙だ。「自分がうれしいというより、周りの方の喜んだ顔を見ることができてうれしい」と語る。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます