かつて北原白秋らが参加した「赤い鳥」という児童文芸誌があった。文語調が強い学校唱歌に対し、やさしい言葉による「童謡」を作る運動を進め、「かなりや」など多くの作品を生んだ。創刊100年にあたる今年は「童謡100年」とも位置づけられ、CD発売、コンサートなどが相次ぐ。姉妹で童謡をライフワークとしてきた由紀さおり、安田祥子(さちこ)に歌い継ぐ思いを聞いた。西正之…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます