四国電力は6月29日、(愛媛県伊方町)で廃炉作業を進めている1号機の使用済み燃料を、運転停止中の3号機の原子炉建屋に運ぶ作業を始めた。1号機の建屋解体など今後の廃炉作業に備えるためで、1号機の燃料プールにある使用済み燃料計約230体を、3号機の燃料プールに順次移していく。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます