29日に成立した働き方改革関連法をめぐり、野党間の亀裂があらわになった。成立を阻むため抵抗路線を取った立憲民主党と、成立不可避とみて条件闘争を優先させた国民民主党。意思疎通が不十分なうえ、相手を排除するような行動も飛び出した。他の野党からは来年夏の参院選へ影響を心配する声が出ている。▼1面参照…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます