日立化成は29日、名張事業所(三重県名張市)で生産している産業用蓄電池の一部で、品質データの不正があったと発表した。取引先と約束した検査をせず、取引先に出す書類にはウソの数字を書き込んでいた。国内の複数の原発でも使われているが、丸山寿(ひさし)社長は「製品の性能や安全性に問題はない」と説明した。ど…

無断転載・複製を禁じます