サッカー日本代表は、ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組を2位で通過し、2大会ぶり3回目の決勝トーナメント(T)進出を果たした。28日のポーランド戦に0―1で敗れたが、コロンビアに0―1で敗れたセネガルと勝ち点などで並び、警告や退場を数値化したフェアプレーポイントの比較で上回った。次戦は…

無断転載・複製を禁じます