東京都千代田区の日本棋院で開かれていた第13回朝日アマチュア囲碁名人戦全国大会(朝日新聞社、日本棋院主催)は1日、準々決勝以上の対局があり、招待出場の東京理科大1年、栗田佳樹選手(19)=横浜市港北区=が初優勝した。今月28、29の両日に静岡県伊豆市で、第12期アマ名人の専修大4年、大関稔さん(23)との三番勝負に臨む。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます