タイ北部チェンライ郊外のタムルアン洞窟に閉じ込められていた少年ら13人について、チェンライ県知事は2日夜、全員の生存を確認したと発表した。洞窟の入り口から約5キロ奥の場所に固まって避難していた。9日間、暗い洞窟内で過ごし、かなり疲労しているが、いずれも重体など深刻な状態ではなく、何人かは救助隊と話せたという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます