岳南電車は10駅、全長9・2キロ。1949年の開業当初は、鈴川(現吉原)―吉原本町の3駅、2・8キロだった。60年前の1889年に東海道線がこの地域まで延伸した際、線路は吉原の町の中心から3キロ外れて敷かれた。東海道吉原宿の歴史を継ぐ町にとって鉄道をつなぐことは宿願。岳南電車の開業で、町の中心と東海道線の駅もある鈴川が鉄路で結ばれた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます