タイ北部チェンライ郊外のタムルアン洞窟に大雨による増水で閉じ込められていた少年ら13人は、救助隊のダイバーに2日夜に発見されるまでの9日間、持っていたスナック菓子を少しずつ分け合い、体力を失わない工夫をしていた。タイ軍幹部が明らかにした。13人は命に別条はないが、大量の水が洞窟をふさいだままで、外への救出時期の見通しは立っていない。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます