ソマリア沖で海賊対処を担う多国籍部隊「CTF151」の司令官を務めた梶元大介海将補が4日、自衛官トップの河野克俊統合幕僚長に帰国を報告した。河野氏は「優れた実力を国内外に示し、広く国際社会に貢献し、称賛に値する」とねぎらった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます