東山動植物園(名古屋市千種区)は5日、1年半前に鳥インフルエンザに感染しながらも生き延びた水鳥2羽を、再び一般公開した。高病原性鳥インフルエンザは致死率と感染力が高く、感染が確認された鳥は原則として殺処分されている。名古屋市の河村たかし市長は「奇跡の水鳥。見れば希望が出る」と来園を呼びかけている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます