日本を舞台にしたバレエで、1890年にパリ・オペラ座で初演された幻の作品「夢」を、京都バレエ団が復元上演する。当時流行していたジャポニスム(日本趣味)を採り入れた華やかなバレエを、パリ・オペラ座バレエ団スタッフらが初演時の資料を基によみがえらせた。同団のオニール八菜がゲスト出演し、主役を務める。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます