千葉県松戸市のベトナム国籍の市立小3年、レェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9)が昨年3月に殺害された事件で、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われた同小の元保護者会長、渋谷恭正(やすまさ)被告(47)の判決が6日、千葉地裁であり、野原俊郎裁判長は無期懲役(求刑死刑)を言い渡した。死刑を求めてきた遺族は閉廷後、「本当に悔しい」と語った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます