イラク第2の都市で、過激派組織「イスラム国」(IS)が最重要拠点としたモスルが解放されて10日で1年。自由を奪われたISの恐怖支配が終わり、住民の女性には手に職を得て家庭を支える人が増えている。一方、ISに加担した女性は報復を恐れ、身を隠す生活を余儀なくされていた。モスル=高野裕介、北川学…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます