瀬戸内海に浮かぶ松山市の怒和(ぬわ)島。面積約5平方キロの島に、小学校は一つしかない。全校児童は6人。島民は口々に「子どもは島の宝物」という。その学校に通う姉妹が、母親とともに豪雨で命を落とした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます