西日本豪雨の影響で広島県熊野町を襲った土石流は、時速約30キロの速度を保ちながら、住宅団地に流れ込んでいたとするシミュレーション結果を、京都大防災研究所の竹林洋史准教授(河川工学)がまとめた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます