一般住宅に有料で人を泊める「民泊」のルールを定めた住宅宿泊事業法(民泊新法)。6月15日の施行から間もなく1カ月が経つ。同月29日までに届け出があった全国の物件は4911件。そのうち、自治体別で最も多かったのは、742件で15%を占めた札幌市だった。届け出の受理済み件数も、3451件のうち533件で最多。東京や大阪ではなく、なぜ札幌なのか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます