堺市で3月、弟を練炭自殺に見せかけて殺害したとして、姉で建設会社社長の足立朱美容疑者(44)が逮捕された事件で、足立容疑者が逮捕前に「弟は自殺で間違いない。えん罪を主張し続ける」などとする手記を書いていたことが関係者への取材でわかった。自身の潔白を強く訴える内容となっている。大阪地検は11日、足立容疑者を殺人罪で起訴した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます