小売り世界最大手の米ウォルマートが、傘下のスーパー大手、西友の売却に動き出した。「毎日安売り」のノウハウを西友に持ち込んで日本市場の開拓を進めたが、ネット通販の台頭など世界的な競争激化を受けて、日本市場からの撤退へとかじを切る。ただ、西友は老朽化した店舗が多く、売却交渉が順調に進むかどうかはまだ見通せない。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます