タイ政府は13日、タイ北部チェンライ郊外のタムルアン洞窟に閉じ込められた少年ら13人を潜水で救出する際に、鎮静剤を服用させていたと明らかにした。暗く狭い洞窟内での潜水でパニックになり、空気や体力を余分に消費することを避ける狙いだったという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます