広島が56大会の最後に開幕し、昨夏の全国選手権準優勝の広陵が快勝した。33大会で172試合があり、南・北福岡は4強が出そろった。昨夏の選手権4強の東海大菅生(西東京)や12年連続の代表をめざす聖光学院(福島)などが勝ち進んだ。今春の選抜に出場した松山聖陵(愛媛)が初戦で敗退。昨夏代表では津田学園(…

無断転載・複製を禁じます