古屋圭司・衆院議院運営委員長(自民党)の事務所が政治資金パーティーの販売実態をノートで管理し、政治資金収支報告書の収入を過少記載していた疑惑で、古屋氏は18日午前、「ノートの数字は販売枚数ではないケースが確認できた」とする説明文書を議運委理事会に提出した。一方、野党側は「まともに答えていない」として古屋議運委員長の解任決議案を提出する構えだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます