サッカーの本田圭佑選手と米俳優ウィル・スミス氏が、共同で米国の新興企業に投資するファンドをつくった。世界の投資家から総額約1億ドル(約110億円)を集める計画で、創業から日が浅く、企業価値の急上昇が見込まれる企業に投資する。証券最大手の野村ホールディングスは18日、このファンドへの出資を発表した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます