愛知県豊田市で7月に熱射病で小学1年の男子児童(6)が死亡した事故を受け、県内各地の自治体は小中学校へのエアコン設置の前倒しを相次いで表明している。猛暑が続く東海地方だが、これまで設置状況に大きな差があった。負担の重さや耐震化などを優先させて先延ばしせざるを得なかった事情もあるようだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます