立憲民主党など野党5党と衆院会派「無所属の会」は20日午前、安倍内閣の不信任決議案を衆院に提出した。森友・加計(かけ)学園問題の真相を解明せず、働き方改革関連法に加え、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案も成立させようとする安倍政権は退陣すべきだと主張。今国会の事実上の閉会日になる20日に提出に踏み切った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます