サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会でドイツ代表を務めた選手が22日、「人種差別を受けた」として今後の代表入りを辞退する意向を表明した。同選手はトルコ系のドイツ人で、5月にトルコのエルドアン大統領と写真に写り、ドイツ国内で批判が高まっていた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます