政府は24日、2050年までに世界で売る日本車すべてを電気自動車(EV)などの電動車にし、ガソリンだけで走る車をなくす目標を打ち出した。世界的にEVの普及競争が激しくなるなか、日本勢がその流れに乗り遅れないようにするためだ。政府は電動車に不可欠な電池やモーターの技術開発や、電池の材料となる希少金属…

無断転載・複製を禁じます