西日本豪雨で肱(ひじ)川が氾濫(はんらん)し、3千戸が浸水した愛媛県大洲(おおず)市。川沿いに885人が住む三善(みよし)地区は約60戸が床上浸水し、2メートルほどつかった家もあったが、取り残された人はいなかった。高齢者も含めて、素早く避難できた理由の一つは、あるカードにあった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます