大量破壊兵器の拡散防止構想(PSI)に基づく海上での多国間訓練が25日に房総半島沖であり、自衛隊や米軍、韓国沿岸警備隊などが参加した。海自は船舶検査を実施。護衛艦が疑わしい貨物船を止まらせ、防弾チョッキをつけてボートで乗り込んだ隊員らが銃を構え、船内を捜索する手順を確認した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます