相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害され、職員を含む27人が重軽傷を負った事件から26日で2年。被害者の遺族の男性(59)が、殺人などの罪で起訴されて裁判が始まるのを待つ元職員の植松聖(さとし)被告(28)と、再び向き合った。時を経て、男性は心境の変化を感じている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます