江戸の町の屋台から発達した天ぷらは、いまでは和食の国際派として歩んでいる。夏が旬のクルマエビ、キス、アナゴなど、小さな魚介を油で揚げて、おいしく食べさせる料理を探ると、都市と海の幸せな関係が見えてくる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます