ラオス南東部アッタプー県で建設中だった水力発電用ダムの決壊で、壊滅的な被害を受けた六つの村では27日、発生から4日たっても家屋が5~6メートルの水や泥に埋まったままで、行方不明者の捜索活動が難航していた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます