防衛省は30日、海上自衛隊7隻目のイージス護衛艦「まや」の命名・進水式を横浜市磯子区で開いた。海自艦で初めて、艦艇や航空機が集めた情報をリアルタイムで艦隊全体で共有するCEC(共同交戦能力)を搭載、2020年3月ごろ就役する。また、乗員約300人の1割程度が女性になると想定。女性用のベッドや風呂、トイレを集めた区画を初めて建造時から設けた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます