遠隔操作で動く無人電池推進船が31日、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市・刈羽村)の専用港で試験航行した。東京海洋大と富山高専が開発した調査船で、原発の事故時、人の被曝(ひばく)を避けて海水を採取する状況などを想定した。東電は事故を起こした福島第一原発沖の調査、柏崎刈羽原発の安全対策での活用を検討する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます