長年苦境が続く大手百貨店、井筒屋が一気に3店舗の削減という「荒療治」に乗り出した。経営の厳しさが増す地方都市で、主力店に経営資源を集中させて巻き返しを図る。しかし、人口減少や高齢化という構造的な向かい風は強いまま。難しいかじ取りは続く。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます