火星が31日、15年ぶりに大接近し、各地の天文台や科学館では、その様子を一目見ようと集まった人たちでにぎわった。午後4時50分に火星は5759万キロと最も地球に近づき、マイナス2・8等で太陽と月、金星に次ぐ明るさとなった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます