日本野球機構(NPB)への復帰がかなわなかった独立リーグ・BC栃木の村田修一内野手(37)は、1日の会見で「来年ユニホームを着てどこかでプレーすることは考えにくい」と語った。引退は明言せず、今季の最終戦まで栃木で全力プレーすることを誓った。涙をぐっとこらえる姿に、ユニホームを着ている間は「引退」の2文字は使わないという意地を感じた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます