6月に世界文化遺産になった長崎・熊本の「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」。愛知県立芸術大学名誉教授で日本画家の小山硬(おやまかたし)さん(83)は長年、画題として故郷の潜伏キリシタンや教会を描いてきた。取材を続けてきた地元の人たちを思い、世界遺産になったことを喜んだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます