北朝鮮が国連安全保障理事会の制裁を回避し、内戦下のイエメンでイランの支援を受けるイスラム教シーア派の反政府武装組織フーシに武器密売を試みていたと、北朝鮮制裁委員会の専門家パネルが中間報告書で指摘していることがわかった。外貨の稼ぎ頭の石炭輸出が全面禁止されるなど制裁が厳しくなる中、北朝鮮は武器密売を中東やアフリカに広げている可能性がある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます