米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画を推し進める政府に抵抗し、沖縄の立場を強調してヤマト(日本本土)の人々に訴える。翁長雄志(おながたけし)氏の死去は、そんな「オール沖縄」の結集軸が失われたことを意味する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます