米国や豪州など環太平洋の国・地域が参加し、4年に1度開かれる競泳のパンパシフィック選手権が9日、東京辰巳国際水泳場で開幕する。2002年の横浜大会以来、16年ぶりの国内開催。16年リオデジャネイロ五輪男子400メートル個人メドレー金メダリストの萩野公介(ブリヂストン)が復活を期し、初日のライバル対…

無断転載・複製を禁じます