第100回全国高校野球選手権記念大会で、11日に初戦を迎える三重県立白山高校(津市白山町)の東(ひがし)拓司監督(40)は、就任6年で無名の公立校を大舞台に導いた。部員5人から出発した野球部の急成長ぶりには、監督の情熱や挫折が詰まっていた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます