7月の西日本豪雨で流れ込む水を受け止めきれず、流域の二つのダムが異常洪水時防災操作(緊急放流)を行った愛媛県の肱(ひじ)川。川沿いの西予市と大洲市で相次いで氾濫(はんらん)が起き、住民らは混乱に陥った。最下流の大洲市では、ダムの放流量が増えることを知らせる警報が、必ずしも届いていなかった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます