11日午前10時40分ごろ、埼玉県久喜市鷲宮1丁目の鷲宮神社で、参道の大鳥居が道路側へ突然倒れ、下を通っていた乗用車の後部トランク部分がつぶれた。鳥居は高さ約6メートルの木製。雨をよける屋根がついていたが、鳥居の柱部分は長年雨水がしみこみ、根本が腐っていたらしい。けが人はなかった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます