約100年前、パリを拠点に、海外で成功を収めた日本人アーティストの先駆けとなった画家・藤田嗣治(つぐはる)(1886~1968)。没後50年の節目に、代表作約120点を集めた回顧展が、東京・上野の東京都美術館で開かれている。独自の技法や出品作を通して、その人生をたどる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます