夏休みの旅行客らでにぎわう成田空港。年間約4千万人が行き交うが、空のイメージだけではない別の顔もある。生マグロの輸入量は国内の7割以上を占め、「成田漁港」とも呼ばれる。空港内には300を超える店があり、合計売上高は全国の商業施設でもトップクラスだ。5月に開港40年を迎えた巨大空港の意外な一面を探った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます