日本銀行の大規模な金融緩和による超低金利が地方銀行を直撃している。全国の地銀を対象にした朝日新聞のアンケートで、回答した銀行の8割が緩和の悪影響を懸念しているとした。人口減など以前からの課題に加え、「アベノミクス」による大規模緩和の超低金利が5年以上続き、貸出収益が低迷している。店舗や人員削減を検討する銀行も目立ち、地域経済への影響も深刻化しかねない。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます